iPhoneの画面修理代金まとめ

【Apple】iPhone6やiPhone6Plusの画面修理代金まとめ

【Apple】iPhone6やiPhone6Plusの画面修理代金まとめ iPhoneの画面修理の代金は、購入後1年以内の限定保証や、Apple Care+加入の有無によって大きく変わります。
Apple Care+に加入済の場合は、自己都合の過失や事故による損傷であったとしても、最大2回まで保証対象となります。購入後1年以内の限定保証は、修理代金はApple Care+と同じですが、自己都合の過失や事故は対象外です。
以下、具体的な画面修理の代金のまとめです。
Apple Care+に加入済で過失や事故による画面修理は、6、6Plusどちらも3400円です。加入してない場合は、画面サイズにより価格が変わり、6が12800円、6Plusが14800円です。
単純な画面修理だけで済むなら良いのですが、iPhoneを落下させてしまった場合、その他のパーツも損傷している事があります。
そのようなケースに備えて、アップルの修理メニューでは「画面およびその他の損傷」というカテゴリーが設けられています。
Apple Care+に加入済で過失や事故による画面およびその他の損傷の修理は、6、6Plusどちらも11800円です。加入してない場合は、6が30000円、6Plusが33000円です。
最後に判断材料をまとめると、損傷したのは画面のみか否か、適用する保証は購入後1年保証か、Apple Care+か、それとも保証対象外か、自己都合による損傷か否か、で代金が決定します。

iPhoneの画面修理補償のためにAppleCare+や携行品保険に入るのは正解?

iPhoneの画面修理補償のためにAppleCare+や携行品保険に入るのは正解? iPhoneの修理で多いのは、画面修理とバッテリーの劣化で、アップル公式の修理料金メニューにも、「画面の修理」「バッテリーの交換」「その他の修理」という独立したカテゴリーが設けられている事からも、画面修理の件数が如何に多いかを窺い知る事が出来ます。
画面の損傷をさせないという絶対的な自信があったとしても、不可抗力で故障してしまう事もあり得ます。
特に、Apple Care+の大きなポイントは、正常な使い方をしていたにもかかわらず発生した自然故障はもちろん、一方的なユーザーの都合による過失や事故による損傷であったとしても、加入期間内であれば、2回まで保証対象となる事です。
iPhone7を例に挙げると、画面のみの修理で、Apple Care+に加入なら3400円、未加入なら12800円と、大きな差があります。メーカー自身がこのような保険を提供しているのは極稀で、これがあるからこそ、あえてiPhoneを選ぶ方も少なくありません。
また、画面が損傷するほどのダメージを受けた場合、他の部分も損傷している可能性があります。
iPhone5s以降の指紋認証のTouch IDを搭載したモデルは、セキュリティの関係から、パーツの整合性が取れなかった場合、エラーを出して動作を停止する事があり、単純な画面パーツの交換だけでは済まず、一般には流通していない高度なノウハウを用いて修理が行われる事があります。
このようなケースを総合的にフォローしてくれるのは、公式のサポートしかありません。
万が一のトラブルを考えると、やはりApple Care+や携行品保険に入る事をおすすめします。

おすすめのiPhone関連リンク

神奈川県横浜市のiPhone修理ショップのサイト

iPhone 画面修理 横浜